からずに生きよう

ハッピーで、何でも出来てしまう気分の日もあれば
少し、こころがざらざらしたりする日もある。

ゆらぐこころとからだに耳をすませて
そのままの自分をだいじにして生きる。
それはとても簡単なことのようで、
難しいことだったりする。

ふかふかの土で育ったハーブをひとつずつ手摘みし、
こころとからだの求めるものに合わせてブレンドした
無農薬ハーブティー「nono」。
飲みやすいのに、ちゃんとからだにもいいのがうれしい。

カップにお湯を注ぐ。
野のままの香りと味わいがわたしをすなおにして、
きょうが、もっとおいしくなった。

かざらないって、おいしい。
手摘みハーブティー nono

about

カップにお湯を注ぐだけ。
ふだんをおいしくする
本格ハーブティー。

ハーブティーってなんだか難しそう。
もっと手軽に、もっとおいしく楽しみたい。
nono はそんな声から生まれた、ふだん使いのハーブティー。
ハーブの専門知識を持つ
メディカルハーブコーディネーターが、
日本人の舌に合うように
おいしさを一番に考えてブレンドしました。
カップにお湯を注ぐだけなので、
ハーブティーがはじめての人でも簡単。
素朴だけど、きちんとおいしい、しっかりからだにいい。
そんな頼もしいハーブティーです。

手摘みの画像

野のままを、届けたいから。
ひとつひとつ手摘みしています。

大切なのは、安全なこと、そしてきちんとおいしいこと。だから、nonoのハーブはすべて無農薬。北陸の地で長い時間をかけて土をつくり、味を追求してきたハーブは、それぞれの香りがいちばん良い時期の晴れた朝、ひとつずつ手摘みします。ハーブそのままのかたちを丁寧に届ける手間も、nonoのおいしさのひみつです。

ハーブの画像

手で一袋ずつ袋詰め。
かざらないおいしさは、
プレママやベビーにも。

0.1gで味が変わってしまう繊細なハーブを、メディカルハーブコーディネーターが特性や味を吟味して最適な分量でブレンド。手でひとつひとつ袋詰めし、虫食いハーブや異物を徹底して取り除くことで雑味の少ない仕上がりに。妊婦さんや授乳中のママ、小さなお子さんでも安心して楽しめます。

line up

5種類のフレーバー

こころとからだに届く、5つのフレーバー。
今日のあなたにぴったりな一杯をどうぞ。

おいしい飲み方

おいしい飲み方の画像

200ccの熱湯を注ぎ、蓋をして3~5分程度抽出し、ティーバッグをゆっくりと揺らしてからお召し上がりください。温度を保ち、香りを維持するためにも、蓋をして蒸らすことでより美味しいハーブティーをお楽しみ頂けます。抽出時間が短すぎても長すぎても味がかわってしまうためご注意ください。

  • 蒸らすことでハーブの味や香り、成分を上手に引き出すことができます。

  • 長時間ティーバッグを入れたままにしておくと、苦みや渋み成分などが出て味がかわってしまうためご注意ください。

  • アイスハーブティーの場合は150cc の熱湯で抽出後、大き目の氷をたっぷり入れ、ゆっくりかき混ぜてからお飲みください。